Anime Windows

アニメとフレーム補完の話

投稿日:

私はかなり前から、放映アニメはPC録画しておいて暇な時にPCからKodi使って大画面のTV出力で観る、ってのをやってます。

「録画せんでも最近は公式で動画配信しとるやん」「メディアプレイヤーとかでながら観すりゃええやん」という向きもあると思いますが。
なんでこんな手間かけてるかというと、デカい画面で観たいというのもありますがそれ以上に、フレーム補完して60fpsで観たいからです。

これに馴染むとBDの高ビットレート収録ですら物足りなくなんですよ。マジで!

私の環境でフレーム補完再生できるのはローカルの動画ファイルのみ(一応例外あり)なので、放映されたのは録画して、BDも一度吸い出してから観ている始末です。

フレーム補完というのは60fps化とかぬるぬる化とかも言われてたりするようですが、要するに通常30fpsの動画を、前後のフレームから作った中間フレームを挿入することで60fps(あるいはそれ以上)にしちゃおうという奴です。
実写でももちろん補完は効くのですが、特にアニメだと違いが顕著でカメラがパンするところなど動きのあるシーンなら別物と化します。
また3DCG動画とも相性がいいので某動画サイトによくある動画なんかもぬるぬるです。

動画サイトで検索すると職人が製作した60fps動画が見つかります。
あるいは後述のSVP公式でもフレーム補完のサンプル動画があります(今は進撃の巨人OPのようです。以前は艦これOPでした。やっぱりアニメだと以下略)

観たことない人は是非一度見てください。
見比べると一目瞭然だと思いますが、動きがヌルヌルになるのは理屈上当然ながら解像感や彩度まで向上しているように思えるのが不思議です。

フレーム補完で動画を楽しむには、動画作成時にフレーム補完してエンコードするか、再生時にフレーム補完するか、になります。
それなりのGPU積んでるPCなら、断然後者、ただ普通に再生するのは勿体ない!
割と本気でそう思います。

私はWindowsPCで「Smooth Video Project (SVP)」という有料ソフトを使ってます。
以前はフリー版もDLできたのですがいつの間にか30日トライアル付き有料版だけになってるようです。

 i7 + NVIDEA GTX1080Tiだと画質調整を全てMAXにしても遅延や画像と音声のズレは発生しませんし、観てわかる破綻は殆どありません。
 一時停止とかすると実は破綻してたりするのかもしれませんが、動画として観てる分には違和感なく補完してくれます。
 (やらしくリンク張ってみる)

画質調整の各パラメータを下げていくと、観ていてわかる破綻が増えていきます。
ただ時々破綻しててもフレーム補完60fpsの効果は絶大なので、私は買い換えるまでショボいGPUでも妥協して使ってました。

有料といっても月額とかでなく払いきり20ドルなのでしばらく使ってば十分元が取れると思いますし、割と頻繁にアップデートもされています。

KodiでSVP使ってフレーム補完再生するのに結構試行錯誤したんですが、いつの間にか公式にもページが出来てますね…
まぁ判ってしまえば何てことない設定なんですけどね。

なおストリーミングの動画でも例外的にYoutubeプラグインがあり、余り使い勝手は良くありませんがフレーム補完再生できます。
公式によれば似たような動画サイトでも使えるようですがあまりなじみがないトコばかりですね…

有料ソフトを使わずフリーソフトだけでフレーム補完再生環境を作ることも可能なようです。
(SVPもインストールパッケージの大半はフリーソフトです)
またRadeonのGPUですとGPU自体に組み込まれている為簡単に設定でき、ストリーミング再生の動画にも補完を掛けることができるようです。
かわりに細かい調整が出来ないようですが、手軽さとのトレードオフでしょうか。

ともかく、まずは一度試してみることをお勧めします。

病みつき必至、手持ち動画全部見直したくなると思います。

-Anime, Windows
-, ,

Copyright© 復活の「愛馬の上で直立不動」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.